岡山県立大学情報工学部情報通信工学科3年次生を対象とした講義「Webアプリケーション」のサポートページです。

講義のコンセプト

一言で言えば「ウェブ工学序説」、つまりWebに関わる技術者が最低限知っておかなければならない技術や アーキテクチャを網羅しましょう、ということです。情報工学の学生さんなら大抵、1年次に「情報工学 序説」みたいな講義があると思うのですが、それをWebを対象にしてやりましょう、ということですね。

現代のWebを理解する上で、RESTに代表されるWebアーキテクチャスタイルは必須の知識です。また、 Webアクセシビリティに関する最低限の知識もまた、Webに関わる人は必ず知っておくべきことだと 思っています。そのため、これら2つを、それぞれ講義1回分をかけて取り上げています。

この講義をやるにあたり、近い講義がないか調べたのですが、未だに見つけられていません。もしかすると、 全国でも1つしかない珍しい内容なのかもしれません。

講義資料

GitBookで公開しています。Webブラウザで閲覧できるほか、PDFやEPUBなどの形式でもダウンロードできます。講義の進行に伴って改訂を頻繁に行っていますので、最新版をチェックするようにしてください。

なお、この資料のソースはGitHubで管理しています。

2016年度のシラバスは大学Webサイト内で公開されています。

講義の実施記録(2017年度)

  1. 講義の概要, Webの位置付け (講義資料2章) (2017-09-25)
  2. Webアーキテクチャスタイル (講義資料3章) (2017-10-02)
  3. 文字コード, URI (講義資料4章・補遺) (2017-10-10)
  4. URI(補足), HTTPメソッド(講義資料4章、5.1〜5.3節)(2017-10-17)
  5. HTTP(ステータスコード、メッセージの構造)(講義資料5.4〜5.6.1)(2017-10-24)
  6. HTTPを用いたユーザ認証(Basic認証)、HTTP/2(その1) (講義資料8.2.1, 5.7 )(2017-10-31)
  7. HTTP/2(その2) (講義資料5.7) (2017-11-13)

過去の定期試験問題

参考書

参考資料

関連ブログ投稿